のぼりの印刷方法によって値段に差が!激安で作る方法とは?

のぼりの印刷方法についてお話します。のぼりの値段に大きく影響しているのが印刷です。印刷の方法によって激安で作れるかどうかが決まります。

激安のぼりは品質が劣るもの?

on 2018年7月28日

のぼりを印刷して販売している会社はとても増えました。

インターネットで検索してもたくさん出てきます。

競争が激しくなってきており、多くののぼり制作会社が激安であると宣伝していますね。

激安の方が注文する側からすれば良いですが、安いものは品質が良くないという話も聞きますが本当でしょうか。

◇激安=粗悪品?

昔は「安かろう悪かろう」と言って、安いものはあまり良いものはない。

悪いものが多い。

と考えられていました。

しかし最近では安くて品質が良いものが当たり前となってきています。

のぼりの場合、激安で徹底的に値段を下げているところのものは、あまり良くないと言われています。

古い印刷機を使って現在の印刷方法を使っていなかったり、生地やインクの質が悪い、海外の工場で生産している、検品をしていないのでほつれや汚れがあるのです。

◇自社生産の会社を選ぼう

激安にこだわったため、海外の工場に丸投げしているとか、検品が疎かであるようなところはいくら安くても選ばない方が良いです。

自社生産を行っている会社なら、激安で品質の良いものを作っています。

会社によっては、生地のサンプルを送ってくれるところもあるので、どんな生地を使っているのか確認してから注文することができます。

◇完全自社生産の会社でも激安で

のぼりの制作会社で、完全自社生産のところがあります。

デザインや製作、縫製やチチ付けなどまですべて自社生産し、印刷方法も適切に選んで対応しています。

良いものが激安になるように印刷方法を決めてくれますので、おすすめです。


Comments are closed.