のぼりの印刷方法によって値段に差が!激安で作る方法とは?

のぼりの印刷方法についてお話します。のぼりの値段に大きく影響しているのが印刷です。印刷の方法によって激安で作れるかどうかが決まります。

激安のぼりの一つ、スウィングバナーの印刷方法は

on 2018年8月14日

最近は変わった形ののぼりが作られるようになってきました。

確かに、変わった形だと目立ちますし、ますます注目度がアップしますね。

激安のぼりとして販売されているものの一つにスウィングバナーがありますが、これはどのようなもので、どんな印刷方法で作られているのでしょう。

◇スウィングバナーとはどんなのぼり?

スウィングバナーというのは、ヨットの帆の形に似た流線型で、一般ののぼりよりもはるかに目立ちます。

形が変わっているので注目度も高く、最近人気となってきました。

生地はテトロンポンジを使っていて、インクの裏抜けもよく安価なのでスウィングバナーに向いています。

◇スウィングバナーの印刷方法

スウィングバナーを印刷する方法なのですが、あるのぼり制作会社ではダイレクト捺染か捺染プリントという印刷方法を用います。

ダイレクト捺染とは、生地に直接プリントしてそのまま高温の熱をかけて仕上げる方法です。

捺染プリントは色の数だけ版を作り、1色ずつ印刷する方法です。

◇激安のスウィングバナーを作るなら

少しでも安くスウィングバナーを作るなら、ダイレクト捺染という印刷方法を選んだ方が良いでしょう。

制作会社に激安で作って欲しいと伝えれば、それなりの方法を考えてくれます。

ダイレクト捺染なら写真や画像が入ったものでもフルカラーできれいに印刷してくれます。

ダイレクト捺染という印刷方法なら、1枚からでも激安で作ってもらえます。

▼注目記事・・・ハーバード大、「音」を使って液体の粘度に左右されない印刷技術を研究 – ライブドアニュース


Comments are closed.