のぼりの印刷方法によって値段に差が!激安で作る方法とは?

のぼりの印刷方法についてお話します。のぼりの値段に大きく影響しているのが印刷です。印刷の方法によって激安で作れるかどうかが決まります。

印刷方法や納期を指定しなければ激安でのぼりは作れる

on 2018年8月22日

のぼり制作会社はインターネットで調べるととてもたくさん出てきます。

どの会社も自分の会社でのぼりを作って欲しいですから、激安でのぼりが作れるような宣伝をしています。

私はのぼりを見る方の立場ですが、見せる方の立場になって、どうすれば激安で注文できるかを考えてみました。

◇すべてお任せにする

あれこれのぼりのデザインや印刷方法などを細かく注文しないことです。

最近ののぼり制作会社では、既製のぼりも充実しています。

既製のぼりを注文すれば、すでに印刷も出来上がったものですし、追加料金が発生することもありません。

もし仮にオリジナルデザインののぼりを作ったとしても、会社側が推奨する印刷方法で印刷してもらい、納期については余裕を持って注文しておけば急ぎの追加料金も必要ありませんよね。

のぼり制作会社にすべてお任せするのも激安で作るコツです。

◇オプションをつけると追加料金が発生

のぼりのチチの数を増やして欲しいとか、折り返し加工を縫製して欲しい、防炎加工にして欲しいなど、オプションをつけると追加料金が発生します。

配送を急いで欲しいというとそれも特別料金が必要となる会社もありますので、なるべくオプションなどをつけないで注文すると、激安でのぼりを作ることができるでしょう。

どんなのぼりを作るにしても、時間に余裕を持って注文することが大切ですね。

のぼりが急遽必要になるということはあまりありません。

事前にわかることですから、早めに取り掛かるようにしましょう。


Comments are closed.