キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 婚約指輪っていくらくらいするものなのか? : 婚約指輪の簡潔情報

婚約指輪っていくらくらいするものなのか?

婚約指輪の簡潔情報

婚約指輪の平均価格は10万円から20万円未満という人が最も多く、その次に10万円未満、30万円から40万円未満となっています。

新着おすすめ記事

婚約指輪っていくらくらいするものなのか?

婚約指輪といえば、バブル時代に結婚した人にはお給料の三ヶ月分なんていう言葉が思い出される人もいるのではないでしょうか?そんな宣伝文句の様な言葉が男性を焦らせていたかもしれませんね。

実際いお給料三ヶ月分といえば、結構な値段ということになります。

もちろん、そう考えていた男性も実際にはいたかもしれませんが、実はそんなバブル時代であってもお給料の三ヶ月分の婚約指輪を贈ったという人はあまりいない様です。

さらにここ最近では婚約指輪にかける費用というのは昔よりも下がっている傾向にある様です。

ゴージャスな結婚式をしたり、豪華な婚約指輪を贈るというのではなく、地味婚であったり、婚約指輪はリーズナブルな物を用意したり、贈らないという人もいるくらいです。

実際に婚約指輪の平均価格がどれくらいなのかといえば、10万円から20万円未満という人が最も多く23%程度、その次に10万円未満、30万円から40万円未満がそれぞれ15%程度と、30万円を越える人はそう多くないということがわかっています。

今は婚約指輪を取り扱っているブランドも増え、更に手の届きやすい価格のものでもデザインが多くなって選択肢が増えているということも関係している様です。

そう高価なものではなくても十分満足した婚約指輪が購入できるということでしょう。

普段使いする機会も少ないので、長い目で見て価値ある物をということでダイヤモンドの質にこだわるという人もいる様です。

ダイヤモンドの価値は永遠のものであり、ゆくゆく指輪のデザインを変えたり、他のジュエリーにリフォームしたりなどというのもいいですよね。

Copyright 婚約指輪の簡潔情報. All Rights Reserved.